依頼人に選ばれる探偵の条件

選ばれる探偵の条件と注意点

日本人が好きなのは「高品質・低価格」

色々な職業があるなかで、共通してブームや人気になる商品とサービスには共通点があります。
それは商品やサービスが高品質で、定価が安いということです。
最近ではプレミヤやロイヤリティなどが付随することも多くなりましたが、やはり質が良くて、定価が安い商品を求めるのが一般的ではないでしょうか。

 

全ての商品、サービスに当てはまるのならば、色々な職業にもこの条件は当てはまるのではないか?そう思う人が多いですが、一部の職業ではこの条件が当てはまらない物もあります。

 

そして、高品質・低価格の逆で高価な商品を購入すればその商品の品質も高いと思っている人が陥り易く失敗するものが探偵選びです。

 

探偵を選ぶときに、最近では多くの依頼人がインターネットを利用して探偵を探します。
ネット上では多くの探偵業者を一瞬で見付けることが出来るのですが、気になるのはその依頼料金です。
選ばれる探偵の条件として最も優先順位が高い条件に「信用」があります。

 

探偵は探偵業法という法律によって明記された業務ではありますが、実際の業務活動全てを知っている人は少ないでしょう。
まず探偵を選ぶ条件として言っておかなければならないのが、探偵の能力(調査能力)と信用度は依頼料金と比例はしないということです。

 

例えば依頼料金が10万だったとして、他の探偵を見れば20万で同じ調査をすると言っている。
最終的に選んだのは10万円で調査をする探偵だったが、その探偵は調査に掛かる諸経費などを後々請求してきて、さらには調査が失敗したと報告し、更に調査を行うには数十万お金が必要と言ってきた。

 

この例は極端なものであり実際にあった話をしているわけではありません。しかし、中には悪徳業者とも呼ばれる探偵もいるので探偵を選ぶときには細心の注意が必要になるのです。

 
 
ホーム サイトマップ